手帳&オルゴナイトワークショップ受付開始です
こぐまやの自己紹介 | こぐまやのせかい

こぐまやの自己紹介

 

はじめまして!

「こぐまや手帳生活」の小沢みおこです。

 

今、このプロフィールを読んで下さっているみなさんとこのペーシで巡り合った事。
何かご縁があったのだろうなぁと、とても嬉しく思います。

ところで、このブログにはどのように来られたのでしょうか?
ここではおもに「手帳の事」「ハンドメイドのこと」をお話ししています。

 

あなたはハンドメイド製作が好きな方ですか?
あなたは手帳を書くのが好きな方ですか?

それとも・・・

ハンドメイド作品は好き!だけど、ハンドメイドはやってみたいけど苦手!
手帳を書くのは好き!だけど、かわいく書いてみたいけど上手く書けない!
こどもと一緒にハンドメイドしたい、けど不器用で作った事が無い!
という方もいらっしゃると思います。

 

私はハンドメイドも手帳も「手作り」として同じ分類だと思っています。
お子さんとオリガミを折る事も手作りなんです。

大切なのは「ちょっと、やってみよう!」というはじめの一歩の気持ちです。
手作りすることで得られるもの・・・

どんなに上手くできなくたって「頑張った、ワタシえらい!」という手作りした喜び、達成感を得る事。
そして、「手作りした自分にバンザイ!次に挑戦してみる!」という手作りした自分を認めてあげる事。

 

このように手作りにはたくさんのいい気分が生まれていきます。

毎日忙しい生活の中で、自分だけのほっとした時間作りませんか?
自分を認められる手作り始めてみませんか?
手作りのほっこりした暖かさを一緒に感じてみませんか?
あなたの手作りしたい言う気持ちをここでそっと応援できたらいいなと思っています。

 

おかんみおこのプロフィール

 

生まれは神奈川県横浜市。
父の転勤で神奈川県と千葉県を行ったり来たり・・・
小学校2年生から千葉県袖ケ浦市で暮らしています。

アラフィフ女子。

オットと子供(12歳息子、8歳娘)人家族です。

 

*趣味* ハンドメイドいろいろなんでもやってみたい・手帳を書く事・実はバンドマン

*特技* ダンボールを切るのがめちゃめちゃ上手い

*すきな食べ物* 甘栗・ロイズの生チョコ(オーレ)・・・三度の飯が甘栗でもかまわない

*きらいな食べ物* 生たまねぎ、やきとりに刺さってるネギ、大きいにんじん・・・びっくりされるけど生野菜は一切食べません。すききらいではないということにしておく。ポリシーで完全肉食。

*長所* 愚痴を言わない・・・ようにしてる。でも最近言った!限りなく前向き!どこまでもめでたい!

*短所* のろい。喋り方がまったりしている。・・・改善しようと努力してる。油断するとのろい。

*性格* 穏やか←のろい、スイッチオンになるとしっかりできる。オフは脱力する。喋り方でごまかされているが、優しい言い方で崖から突き落とすタイプ。

*好きな言葉* 望む未来は自分で創れる

*好きなタイプ* 愚痴を言わない人、向上心のある人、怒らない人

*嫌いなタイプ* 自信満々の人、怒鳴る人、人の噂話が好きな人、めんどくさい人

 

 

羊毛フェルトのコサージュ

 

 

おかんみおこの子供時代

 

私はこどものころから手芸が大好きでした。
和裁士の母の影響だと思います。
和裁士の母の机の向こう側で、ハンカチにアイロンをかけたり、フェルトマスコットを作るのが大好きでした。

 

小学校のクラブ活動では毎年手芸クラブに所属。

小学2年生でかぎ針編みのポシェットを作り、
4年生のときに棒針編みで自分のセーターを編んだ事を覚えています。
友達と遊ぶより、ミシン、編み物のじかんを優先していた気がします。

中学校では先生に編み物を教えるようになり、作品展にもチャレンジするようになりました。

 

家庭科が大好きだったので、高校はなんの迷いもなく家政科のある学校に進学。
そこで、楽しく家庭科に打ち込む日々!・・・と思っていたのですが。

家政科というのは、ミシンや編み物をする「被服」の分野とお料理や栄養を学ぶ「食物」の分野、家庭、生活の事を学ぶ「保育」の3つを勉強する場所でした。

 

私の致命的な事・・・・

料理が苦手!どっちかというと嫌い!

その為、1時間目から、4時間目まで続けて「調理実習」の授業がある日は憂鬱で仕方ありませんでした。

そのうちにあんなに大好きだった「家庭科」にやらされてる感じをもち、ろくすっぽ勉強もしなくなり、調理実習も嫌、保育もこどもが嫌いだから嫌、被服までも提出期限があって自由に作れないから嫌!
と思うようになりました。

 

思う存分家庭科の勉強できる薔薇色の高校生活を夢見ていたのですが、一気につまらなくなってしまったのです。
そのままずるずると、だらだらな高校生活を過ごしました。

 

今思えば、青春まっただ中だというのに、全くやる気のない繰かえしばかりの毎日を過ごして、もったいない時期だったと思います。

 

おかんみおこの会社員時代

 

リバティのマカロンポーチ

リバティのマカロンポーチ

 

特になりたい職業も、将来の夢もないまま高校を卒業し、地元の化学工場に就職しました。
ごく普通のOLです。

 

自分で稼げるようになり、このお金は何でも自分のために使えるんだ!!
好きな事に使おう!
と思った時、一番やりたいことを考えました。

 

編み物を習ってみたい

 

子供の時に母に「じょうずにできたね!」とほめられた編み物をもう一回きちんと習ってみたくなったのです。

 

毎日定時で帰宅して、もくもくと編み物をする日々。
週末は編み物教室へ通う。

まだネット環境のなかった時代です。
毎週毎週のように手芸屋さんに出掛けては、質のいい毛糸や手芸材料を見るのがとても楽しみでした。

その後、やってみたかった手芸を好きなだけやってみました。
彼氏は毛糸。
本当に他には何もいらなかった時代でした。

 

誰もが「未央子ちゃんは結婚は無理」と思う中・・・
現在のメディウサと付き合って電撃結婚。
誰もが、まさか・・・・と思う出来事でした。笑。(オットいわく、間がさした。そうです)

 

 

そんなわけで結婚してからは・・・いえ、結婚してからも!

「私のやりたいことをやらせて!私、運と勘はめちゃくちゃいいから、あなたに損はさせないから!」

と豪語し、会社は退職しました。

 

おかんみおこの主婦生活

 

家庭に入って生活が落ち着いたころ、
「わたしのやりたいこと」と向き合うようになりました。

幸せ?と聞かれたら、「うん、まぁ、普通に幸せ」と答える主婦。
特に充実感を感じるわけでも不満を感じるわけでもなく平穏に過ごす毎日。
満足していたのですが、やっぱり一歩踏み出したいという気持ちがあったのです。

 

このまま人生終っていくのかな・・・

いや、やりたいことを全力でやろう

そこから・・・好きな事の原点にもどった私は「ハンドメイド」に打ち込む日々。
自宅でハンドメイドを教えられるようになりたいと思い、いろいろな資格を取りました。

そして、手帳に自分の毎日を書く事が好きだったこと・・・それをふと思い出したのです。

 

普通の主婦が大好きだったハンドメイド復活して、ほぼ日手帳に出会って。
生き方が変わり、もやもやしていた心や未来、すべてがクリアに見えてきました。

 

夢を叶える可能性に欠けてみよう!

 

好きな事ばかりで、毎日が楽しくてキラキラしてきた。
といっても大げさではありませんでした。

 

手帳を書き始めたことで、生きる上での優先順位がよく見えるようになりました。

私にとって何が一番大切だと思っているのか?
私にとって夢は何か?
本当に望む幸せは一体何なのか?

 

このブログをきっかけに手帳を使ってもっと楽しく、もっと幸せな毎日を過ごす方法。
すきなことを仕事にする方法、ハンドメイドのあるあたたかさを皆さんに伝えられたらいいなと思っています。

 

クロスステッチの腕時計とシュシュ

クロスステッチの腕時計とシュシュ

 

経歴

 

・2000年日本手芸普及協会パッチワーク高等科合格

・2002年ブライダルアクセサリー製作販売

・2003年深雪アートフラワー高等科卒業

・2010年フェリシモクチュリエ教室を開催(袖ケ浦・君津・幕張)

・ハンドメイド雑誌の見本の編みぐるみを担当。見本製作。

・2011年パッチワーク教室・アートフラワー教室開催

・2012年こどもとかぎ針編みワークショップ開催

・2015年ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載

・2016年手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクトワークショップ開催

・夢かなツリーで望む未来は自分で作ろう講座開催

・ハンドメイド作家教室開催

 

 

 

こんな人にお勧めです

・ハンドメイドを作ってみたい
・ハンドメイドの物を買いたい
・ハンドメイド作家として活動していきたい

・手帳をかわいく書きたい
・手帳で人生を考えていきたい
・手帳で夢を叶えたい”

 

ひとつ手作りしてみて、ハンドメイドの暖かさを感じてもらいたい。完成した嬉しさを一緒に味わってほしい。

そして、
夢って自分で叶えられるんだよ

 

ということを知って頂きたいなと思っています。

是非、一緒にハンドメイドのある生活を楽しみましょう!

Copyright© こぐまやのせかい , 2016 All Rights Reserved.