This is my Handmade & Hobonichi LIFE.

入園入学バッグのオーダーはお休み中です

入園入学グッズのオーダーメイド、ひかえめな女の子の友達作りのきっかけになるバッグを作りました

 
  2018/04/18
 

スポンサーリンク


スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
小沢未央子
手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。 「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました! お勧めの文房具、マステ、シール。 手帳の書き方や使い方の紹介。 ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
ハンドメイド作家の小沢未央子です。

本日はようやく穏やかな春の日になりました。
ここのところすごい風が強いんです。

雨も嫌だけど風もねー。
洗濯物が飛びそう・・と心配しながら干しています。

 

さてさて、春といえば入学シーズンですね。
入学して一週間、楽しくワクワク通ってるかな?

 

今年も入園入学グッズのオーダーをたくさん頂きました。
ありがとうございます。

 

「入園入学グッズのオーダー」って一体どんな感じなの?と聞かれましたので
今回は私の入園入学グッズの製作過程とその思いをお伝えしたいな、と思っています。

スポンサーリンク



 

入園入学グッズの製作代行依頼のこと

 

私は三度の飯よりハンドメイドが好きなおかん。
何をしていても頭の中はハンドメイド製作のことを考えています。

子育てよりもハンドメイドが大好き!

 

そんな子育て放棄な素敵おかんです。
 

 

今回私のところに入学グッズの依頼をして下さったのは、3人娘を持つお忙しいお母さん。

 

元々、ハンドメイドには挑戦してみたいけれど一人ではなかなかできないし、下の子もいるので自分の時間が取れないよー!
というママさんです。

 

下のお子さんいるとミシンやアイロンを出すのは危ないですし、寝ている時間には上の子が帰ってきたりします。
帰ってくるともう寝かせる夜までバタバタでお時間、本当にないですよね。

 

うーん、わかります。

 

既製品もいいものがあるけれど、やっぱり娘さんの好みのものを持たせてあげたい。
そう思ったそうです。
お母さんの「せめてこのくらいは・・・」の気持ちですよね。
うんうん、わかります!

 

今回はわたしの製作歴や作品見本をご覧にならずに製作依頼されたそうでしたので、

見てから決めてもらっていいですよー、とお話ししたところ、
「こぐまやさんに頼むと決めてたんで!」とのお返事をいただきました。

 

本当にありがたいなぁ・・・
期待に応えられるようにがんばらなきゃです。

 

ちなみに過去の作品はこんな感じですよ。

男の子用入学バッグ

 

まず製作代行する品物を教えてもらいます

 

今回は小学校に入学する次女さんと幼稚園に入園する三女さんの分のご依頼でした。

 

入園・入学時には説明会があります。
そこで配られた入学説明に記載されている「バッグの大きさ」「必要個数」を確認します。

 

最近の傾向で、学校からバックの大きさ、紐の長さなど、素材なども細かく指定されるようになってきました。
これらは間違えてしまってはいけないので「説明書の写メ」を送ってもらい、こちらで一緒に確認させてもらってます。

 

「これは自分で作ってみたい」「ワッペンだけは自分で貼りたい」などお母さんの希望も伝えてもらっていますよ。

 

お母さんも本当は作ってあげたいのはやまやまなんですものね!

ここできちんと、全部私が作っていいですか?
お母さんが作りたい部分はありますか?と確認しながら製作させてもらっています。

 

今回は次女さんの分はこの5つです。

・入学バッグ(サイズ指定あり)
・体操服入れ(サイズ・素材指定あり)
・上靴入れ(サイズ・素材指定あり)
・体育館ばき入れ(サイズ・素材指定あり)
・コップ入れ(サイズ・素材指定なし)

三女さんの分はまた別にご依頼頂きました。

さぁ、がんばるぞ!!

 

 

みたらし団子と緑茶は最強

 

お子さんの性格や好みの色柄をお聞きします。

 

次に・・・

お子さんの年齢、性別、普段どんなものが好きなのか、性格は?など・・・
お母さんとメッセージのやり取りをしてお聞きします。

 

今回の入学バッグの次女さん

性格・・・普段おとなしい方で控えめ。
話しかけられたら話すけど…というお子さんだそうです。

好きな色・・・水色。
お姫様っぽいもの、かわいい女子的なものが好き。

 

だそうです。

私の頭の中では妄想全開中。
「あのお店のあの布がいいかも!あっちの店のあれも好きかもなー」

と一人ぐるぐる考えています。

 

この時点で育児放棄して、せっせと布を選んで、おかんとっても幸せになってます。

 

日産マーチのアップリケは自動車のカタログを写したよ

 

 

写真から好きな色・柄を選んでもらいました

 

次に、頂いた情報から、娘さんが好みそうな色・柄の生地を私の方で探して提案させてもらいました。

 

今回は3店舗計8種類から選んでもらいました。

お母さんの方に写真を送り、娘さんに好きなものを選んでもらいます。
「本人が好きなものを選んでね」と伝えます。

 

親からしたらね、考えちゃうんですよね。

「汚れの目立たないものがいい」
「大きくなっても使えるものがいい」

とかね。

 

でもこれお子さんのだものね。
色が薄くても濃くても汚れたら洗えばいいし、大きくなったらなったで、好きなのまた買うもの!
本人がもってあるくのがウキウキするようなものがいいよね。って思っています。

 

今回は本人の第一希望ですんなり決まったそう!
ママも気に入った柄のようでした。

 

最近はナチュラル系の色合いのベージュや茶色をえらぶお子さんも多いんですよ。

 

リラックマちゃんが好きな子用

 

 

デザインの提案をします

 

今回はメインになる布を本人に選んでもらって、あとの組み合わせなどはお任せ~ということでした。

 

早速デザインを考えます。

おとなしい、控えめな女の子、というお話だったので、

・あまり派手ではなく
・でも「私のバッグかわいいの!」って心の中で思っちゃえるような
・自分の自信になれるバッグ

 

自分から話しかけなくても「これかわいいねー!!」とお友達が声をかけてくれて、

そこからお友達ができるきっかけになればいいな!

 

そんなバッグになったらいいな!と考えました。

 

まずメイン布のサンプルを取り寄せ。
それに合う色合いの布をセレクトし、いろいろ組み合わせてみます。

 

水色の好きなひかえめな女の子、ということだったので、上下の切り替えで上にメインの布。
下に無地のサックスを選びました。

 

あまり派手すぎず、主張が強くないように、切り替えの途中には1から2センチ幅くらいのトーションレースかケミカルレースをつけることにしました。

 

大体の形をきめていきデザインを提案、確認していただきました。

 

おひとり、おひとり、好きな色柄も違いますし、お子様の大好きを形にする作業ですから、1番力が入ります。

布の組み合わせを試行錯誤して考えます。

 

オーダー表は些細な情報も大切に見逃さないように、お母様から伺った細かいお話もどんどん記録していきます。

 

「姉妹の中でも1番女子っぽいんです。お姫様とか好き」そんなお話を伺ったので、

オモテ面は主張が強くなくてもいいけど、見えないところは少し可愛らしさを出してもいいかも!

と考えて、巾着のひもの先のボンボンは紫色の透明でキラキララメが入ったものに決定です。

 

一番かわいいの作っちゃうからね!!
楽しみに待っててね!!

 

 

ヤマザキのロールケーキを一本食べてみたい

 

 

生地の発注をします

 

今回は銀河工房さん、布1000ネットさんから布を購入。
レースはユザワヤさん、パンドラハウスさんの実店舗で購入。
タグは神戸のcheck &stripeさんのものを選びました。

 

メインの布はこちらのものです。

こちらはキルティングのタイプです。

水彩タッチ ニューバタフライ キルティング生地(8577)【メール便対応可能/50cmまで】| 生地 女の子 キルティング 幼稚園 バッグ ちょうちょ キルト生地 入園グッズ レッスンバッグ キルト リボン 布地 ピアノ かわいい 入学

同じ生地で普通の生地(ブロード)もあります。
水彩タッチ ニューバタフライ ブロードプリント生地(8576)【メール便対応可能/2mまで】[プリント 綿100% りぼん]女の子 コットン バッグ|蝶

 

ランダムに柄があるので上下左右あまり気にせずに布を裁断できるのがナイスポイント!
生地が無駄になりません!

生地も薄すぎず,厚すぎず、さらっとした触り心地で縮みも少なく、とても扱いやすい生地でした。

 

生地の到着・・・下準備をします

 

入学前のシーズンは生地屋さんも注文が多いため、普段よりも注文から届くまで時間がかかってししまいます。

 

その間に私は型紙を取ったり、レースの水通しをします。

「水通し」というのは生地を一度水に浸して乾かすことです。

これをやらないとバックをお洗濯した時に縮みがでやすいのです。
お洗濯を重ねるとどうしても生地に縮みがでてしまうのですが、水通しをすることでそれを少なくすることができます。

 

3日くらいかけて水通しして、全てにアイロンかけをします。
これで下準備OKです。

 

洗濯物をたたむのが嫌いです

 

生地の印付け・裁断・縫い始めます

 

さぁ、いよいよ形にしていきます。

型紙通りに印をつけて、裁断、縫製をします。

 

お母さんと娘さんが楽しみに待っているからね。
心をこめて、一番かわいいものを作ってあげたいという気持ちでひたすら製作します。

お母さんの代わりに作らせてもらえてるんですもん。
まぁ、なんて幸せな時間を頂いてるんでしょう!

楽しく学校行ってほしいなーー、とかお友達作れるかなー?とかニコニコした姿を思い描いたり。
娘や息子はこうだったなーというのを思い出しながら製作します。

 

製作、しあわせじゃ~~~~と思ってる時です。

 

 

ついに完成!!!

 

それでは今回完成した作品です。

まず、次女さんのバッグはこちら。

正面のタグはこんな感じ

正面のタグはこんな感じ

 

次女さんの体操服入れ、靴入れ、コップ袋

同じ柄で普通の生地で作ってます

ランチマットいっぱい~!

どれを使うか悩んじゃう!

裏もかわいくなくっちゃね!

三女さんの幼稚園セット

巾着のひもがまだ上手に結べないとの事でしたので、 巾着にもち手つきを提案させていただきました。

 

こちらも娘さんご本人に布を選んでもらっています!
カラフルぞうさんかわいいね!

 

同じ生地でお弁当巾着、コップ袋です。



マスクもかわいくなくっちゃね!


ラッピングして発送します

私のこだわりポイントのひとつのラッビング。

 

ママも娘さんも頼んでいる品物はわかっているけれど・・・

それでもプレゼントです!!

とどいたときにうれしくて、開けたときにママにもお子さんにも「わぁぁ!!!!」と喜んでもらいたいから・・・

ラッピングもこだわってかわいく!手書きのメッセージカードも添えて発送します。

 

 

送ったよー、楽しみに待っててねー!!!

 

 

入学セットを作らなきゃ…お母さんのその憂鬱を和らげたいんです

 

お母さんは忙しい!
子供のこと、おうちのこと。
旦那さんのこと、ご近所付き合いも、ママ友も。

いっぱいいっぱいですよね。

 

時に、なんで私、いつもこうなんだろう。
もういやだ・・・

 

誰に責められたわけではないけれど、急にどんより落ち込むこともあります。

 

私も経験しました。

もちろん入学はうれしい!
でも、いろんなものを揃えたりするのが大変。

 

まして、手作りのバッグなんて~むりむり~~~
作らなきゃ・・・はぁ憂鬱・・・

 

特に何をやってるわけじゃ無くても、お母さんは忙しいんだもの。
そうもなりますよね。

 

でもね、実はバッグのことなんて大したことじゃないんです。
憂鬱にならなくていいんですよ。

 

そんなことで憂鬱にならないで、
その時間お子さんと大笑いして笑顔で楽しんでてほしいな。

 

お母さんの気持ちが少しでも楽になるように。
お母さんも子供も一緒にできたかなーとワクワクと笑顔で到着を待てるように。

お母さんの心の負担を、少しでもお手伝いしてあげられないかな?
そう思って始めたオーダーメイドです。

 

おばちゃんが、ちゃーんとあなたの好きな柄でデザインで作るからね。
おばちゃんがんばるから、ママと遊んで安心して待っててね。

 

年間に作れる個数は少ないけれど
これからもお母さんとお子さんの気持ちをカタチにし続けられたらいいなと思っています。

 

今年も素敵な製作をさせて頂き、本当にありがとうございました!

おかんの宝物、また増えました!
ありがとう。

 

ホーローのコップはかわいいけど熱い

 

またねー。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小沢未央子
手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。 「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました! お勧めの文房具、マステ、シール。 手帳の書き方や使い方の紹介。 ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© こぐまやのせかい , 2018 All Rights Reserved.