2017/12/07

小学生でもマフラーが編める!セリアのマフラーニットメーカーは子供でも初心者さんでも超簡単!!レシピ付き

 

ワークショップのおしらせ
この記事を書いている人 - WRITER -

手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。
「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました!
お勧めの文房具、マステ、シール。
手帳の書き方や使い方の紹介。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

こんにちは!

親子で楽しむハンドメイド作家の小沢未央子です。

先日、わたくしのパート代をはたいて購入したパソコンが届きましたーー!!!

 

本日ようやく新しいパソコンから更新しています。設定がわからなくて大変でしたが、なんとか頑張りました。

 

さて、今日は「ためしに買ってみたら、とっても使えた!!楽しかった!」

「マフラーニットメーカー」のレビューです。

 

スポンサーリンク



セリアのマフラーニットメーカー

私は手芸の便利グッズみたいなものが大好きです。

そんな私がセリアさんで出会ったのがこちら!

 

マフラーニットメーカー

本当に編めるの???と思いながら、でも100円だしね!とお試しで購入してみました。

 

使い方の説明は箱の裏側に書いてあります。

どうやらそんなに複雑ではなさそう!

大きいリリヤン編みみたいなイメージです。

 

では早速作ってみましょう。

 

マフラーニットメーカーで編もうお花モチーフマフラーレシピ

 

まずは材料です

マフラーの材料

●本体●

・極太の毛糸・・・・5~6玉(出来上がり130㎝、145段)
・マフラーニットメーカー

●飾り用●
・飾り用毛糸・・・4色
・スーパーポンポンメーカー45ミリ

●その他●
・かぎ針6号
・はさみ

毛糸は太めのものが良さそうでしたので、用意した物は極太の毛糸。
玉数、5~6玉は長さによって変わります。

マフラーなので首にあたってチクチクしないものがいいですよ。

 

 

あとはマフラーニットメーカーを用意します

引っ掛ける用のかぎ針(ピンク色のもの)がついています。
とがっているので、お子さんは気をつけて下さいね。

 

今回は飾り用として、ポンポン、お花用の毛糸を4色。
ポンポンメーカー、かぎ針を用意しました。

マフラーニットメーカーで編み始める

まずは糸をかけていきましょう。

 

端に糸を引っ掛けるところがあるので、糸が抜けてしまわないようにぎっと入れ込みます。

糸を上に向かってピンに互い違いにかけていきます。

 

一段目の糸が全部のピンにかかりました。

92A1BE4F-F554-4201-9A75-2C9D395C16EF

一番上まで糸をかけたら、糸をピンの下に下げます。

 

今度は戻るようにピンの上部に糸をかけていきましょう。

2回、糸をかけた状態です。

 

 

今度は下の糸を引っ掛けて上の糸にくぐします。

付属のかぎ針で下の糸を引っ掛けて、上の糸にかぶせていきます。

 

 

 

このくり返しで編んで行きます。

このように大きなゴム編みのような感じになります。

1枚ですが、厚みのありマフラーに良さそう!

 

続けて、必要な長さ分編みましょう。

 

小学三年生の娘も編んでいました。

我が家の娘は飽きっぽいのでスタートダッシュはよいのですが、あとはボチボチ・・・気が向いたときにちょっとずつ編んでいました。

 

小学生の中学年くらいのお子さんは余裕で編めます!
ひっかけるかぎ針が少しとがっているので、取り扱いには気を付けてくださいね。

 

今回は長さ130センチ、145段編みました。

途中糸が足りなくなったら、新しい毛糸の端と固結びして繋げてくださいね。

 

端の糸処理をしてマフラー本体の完成です。

厚みもあり、フカフカでかわいらしいです。

 

ポンポンを作りましょう

 

そのままでもかわいいのですが、今回はポンポンを付けます。

 

リースの時に使ったポンポンメーカーをつかいますよ。

A88ED844-AAEF-4638-99CC-22B7EB785E87

 

今回は45ミリのポンポンメーカーを使いました。

 

3色で二つずつ合計6個のポンポンを作りましょう。
いろんな色で作るとかわいいですよ。
 後でマフラーにくつけられるように、中心を縛った糸は切らずに長いまま残しておきます。

 

お花モチーフを作りましょう

 

次に、お花モチーフを編みましょう。

編み図はこちらです。

 

お花は輪に編む作り方で作ります。

輪の最初の作り方も参考にしてくださいね。

編みはじめと編み終わりの糸は10㎝くらい残しておきましょう。

 

☆お花モチーフの編み方は次の記事で紹介します☆

 

お花はマフラーに飾りとして使います。

難しい…という方はお花モチーフの代わりにポンポンをいくつか作ってくださいね。

 

今回は合計8個作りました。

 

 

お花モチーフをつけていきましょう

 

バランスよく配置するため、マフラーに並べてみました。

マフラー本体に裏表はありません。どちらでもお好きなほうを表にしてくださいね。

 

 

ポンポンも並べて完成イメージばっちり!!

 

お花モチーフのつけ方

 

お花モチーフの糸をマフラーの表側から網目をまたぐ感じで裏側に通しましょう。

糸は毛糸針で裏に通すか、なければはかぎ針を使って裏から引っ張り出しましょう。

 

後ろから見てみました。

 

後ろ側で糸を結びましょう

 

糸の残りを裏側の編み目にくぐしていきましょう。
表側に糸が出ないように気を付けてね。

 

4.5.箇所くらい糸を通したら糸を切ります。

編み目を整えると糸が目立たなくなります。

 

 

表側からみるとこんな感じになります。

 

 

ポンポンをつけていきましょう

 

次にポンポンを端につけます。

 

バランスを見てつける位置を決めておきましょう。

 

端から1センチくらいのところにポンポンの糸を片方通します。

 

 

通したら、もう片方の糸とでポンポンをマフラーに固結びでしっかり止めましょう。
ぎゅっと縛ってね。

 

グラグラしている場合はもう一度マフラー本体に糸を通して2重に縛りましょう。

 

しっかりつけられたら、糸をポンポンの毛と同じ長さに切りましょう。

 

お花モチーフとポンポンがマフラーにつきました!!

 

マフラーニットメーカーで作るお花モチーフとカラフルポンポンのマフラー完成です

 

できましたー!!

 

くるっとするとこんな感じ!

厚みがあってふっくらしてます。

 

ポンポンとお花モチーフはこんな感じです。

 

クリスマスやバレンタインのプレゼントにマフラーはいかがですか?

 

これからの季節に簡単に編めたらいいなーと思って買ってみましたが、予想以上に使えます。

子供が棒針を持っていると危なっかしいですが、これなら大きなリリアンのようなので危険は少ないです。

 

棒針でマフラーを編んだことがない方でも簡単に作れます。

これから冬休みにお子さんと一緒にマフラーにチャレンジしてみるのもいいですね。

 

今からバレンタインに向けてプレゼントにマフラーを作ってみるのもいいかもしれません。

頑張ればクリスマスにも間に合っちゃいます。

 

この冬は手編みのマフラーを簡単に早く作ってみてくださいね。

 

勝手にハンドメイド難易度

・難易度(1が小学校低学年、超初心者さんオススメ→5が本気でやらなくちゃだわ!)・・・2(小学校中学年くらいから一人でできる)

・材料費(1がお小遣いで買えちゃうわ!お安い→5がいざ清水の舞台からの覚悟が必要)・・・1(とても材料費はお財布にやさしい)

材料費も格安!
毛糸とニットメーカー本体を買っても1000円以下。
ダメもとで買っても損はないと思います。
これをきっかけに編み物にはまるかもしれません。
超おすすめ!

すぐに完成できるよ。いっぱい編んでみてね!

こぐまやのおかん

それではまたね。

 

vme739

 

この記事を書いている人 - WRITER -

手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。
「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました!
お勧めの文房具、マステ、シール。
手帳の書き方や使い方の紹介。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

Copyright© こぐまやのせかい , 2017 All Rights Reserved.