クリスマスに毛糸のポンポンリースを作ろう!簡単かわいいクリスマスリースの作り方を紹介します!

 

ワークショップのおしらせ
この記事を書いている人 - WRITER -

手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。
「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました!
お勧めの文房具、マステ、シール。
手帳の書き方や使い方の紹介。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

こんにちは。

こどもと楽しむハンドメイドを提案する「こぐまやのせかい」

ハンドメイド作家の小沢未央子です。

 

クリスマスのシーズンになりましたね。

街ではだいぶイルミネーションが色づき始めました。

 

皆さんのお家ではクリスマスツリーを飾ったり、お部屋の飾りをクリスマスっぽく変えたりしますか?

 

かわいくしたいけれど、揃える時間も無くていつも通りになるだろうな。

これ、我が家です・・・

 

 

今年はちょっと違ったクリスマスにしたいなーと思い、

ポンポンメーカーを使ったクリスマスグッズの作り方をシリーズで紹介したいと思います。

 

第一弾は簡単につくれてかわいい!ふわふわのポンポンリースの作り方を紹介します。

 

一緒にクリスマスグッズを作ってみましょう!

 

スポンサーリンク



 

 

「ポンポン」って一体、どんなものなの?

 

ポンポンは毛糸をグルグル巻いて作る毛糸玉です。

 

今回はこれを作って繋げていきます。

ポンポンをたくさん作りますよ!!!

 

 

クリスマスポンポンリースの材料

 

まずは材料の紹介です。

・毛糸×三種類くらい

・針金60センチくらい

・スーパーポンポンメーカー(もしくは、ポンポンを作るために毛糸を巻く厚紙)

・良く切れる細めのはさみ

・タコ糸(中心をしばる用なので太めの糸でもOK)

・クリスマスの飾り、リボンなど

・ボンド、セロテープ

 

毛糸はどんなものを用意したらいいの?

 

まず、毛糸の色ですが、お好みの色合いを選んでもらって大丈夫です。

グリーンにするとリースらしくなりますし、白を基本にカラフルな色合いにしてもポップでかわいくなりそうですね。

 

今回は白(並太・アクリル)、グレーと白のより糸(極太・純毛)、白のナミナミ(極太・純毛)の毛糸を揃えました。

ナチュラルで優しい色合いにしてみましたよ。

左から(アクリル白、並太)、 (純毛グレーと白のより糸、 極太)、 (純毛白、なみなみ、極太)

 

次に、素材です。

 

毛糸はアクリル100%の物から、純毛、アルパカやカシミアなど高級な毛糸などいろいろあります。

今回は直接肌にふれるものではないので、お安い100均などの毛糸でも十分です。

アクリルでも毛でも、何でも使えます。

 

ふわふわ、モコモコの素材感やお好きな色合いで選んで下さいね。

 

 

 

針金はどんなものを用意したらいいの?

 

自分で曲げられる位の硬さが良いです。

 

今回使用した物は1.5ミリくらいのものです。(ちょっと細くて弱めでした!)

 

あんまり細いとポンポンの重みで垂れ下がってしまいます。

その場合は、2重で針金を通します。

 

以上の材料でポンポンリースを作ります!

 

スーパーポンポンメーカーってなに?

 

スーパーポンポンメーカーというのは、クロバーさんから発売されている「ポンポンを作る機械」です。

Clover スーパー ポンポンメーカー 直径約35・45・65・85mm 58-791

 

写真は3つしか写ってないけれど、本当は4つサイズがあります

 

大きさは4つ。

直径35・45・65・85ミリのポンポンができます。

4つセットのものと、大2つセット、小2つセットのものがあります。

 

 

これを使う前までは、厚紙にくるくる毛糸を巻いていたのですが、これを使ってみたらきれいな形にポンポンできるのにびっくり!

すぐ作れてしまうので大量に作るときにも便利です。

正直、
買うまでのものではない・・・

と思っていたのに、

もっと早く買っておけば良かった!!と思ったハンドメイドグッズのひとつだよ!

こぐまおかんちゃん

 

小学校低学年くらいから簡単にぐるぐると毛糸を巻けます。(ポンポン作りの工程にハサミを使うところがあるので気をつけて下さいね)

 

自分で作るきっかけ、手芸の第一歩としてはもってこいだと思います。

 

今回はこちらの45ミリと65ミリの二つを使います。

 

 

厚紙に巻いてもポンホンは作れます!

 

ポンポンメーカーが無くても、もちろんポンポンは作れます!!

 

幅が6センチくらいの厚紙、4センチくらいの厚紙を用意して、厚紙にくるくる巻きましょう。

中心に両側から切り込みを入れておくと、最後に中央をしばりやすいです。

毛糸を巻いているうちに厚紙がヨレヨレになってしまうので、何枚か用意しておくと良いですね。

 

 

直径の小さいものはフォークに巻くのが便利です。

中心を縛ったらポンポンが作れますよ。

 

毛糸のポンポンリースの作り方

 

今回はスーパーポンポンメーカーを使って説明しますね。

 

1.小さいサイズのポンポンを作ります

 

それではポンポンを作っていきましょう!

小サイズ(45ミリ)×6個
大サイズ(65ミリ)×6個

合計12個のポンポンを作ります。

 

まずは直径45ミリサイズのポンポンメーカーで小さいポンポンを作りましょう。

 

 

ポンポンメーカーのオレンジ色の部分のアームを2本そろえて出します。

半円のアームに毛糸を巻きつけていきましょう。

最初の糸が抜けないようにを気をつけて!

 

 

ポイントはなるべく平均に平らに端まで巻く!

端まで巻いたら平らに戻ってきましょう。

 

 

並太の毛糸で60回くらい巻いた状態です。

アーム内側の半円がちょっと残るくらいまで巻きましょう。

巻き終わったら糸を切ります。

 

 

 

巻き終わったアームを本体に戻します。

もう片方のアームを2本そろえて引き出し、同じように毛糸を巻いていきます。

 

先程巻いた側とだいたい同じ回数くらい巻いて下さいね。

 

 

 

巻けたらアームを本体に戻します。

両側とも巻いた状態です。

 

 

次にアームを本体に固定したまま、アームの溝に沿って、ハサミで毛糸を切っていきます。

厚みがあるので切りにくいですが、手を切らないように注意をしましょう。

 

アームが開かないように気をつけながら切っていきましょう。

 

アームの根元側から切るのがポイント!

 

その方が固定されているので切りやすいです。

 

 

2つのアームとも毛糸が切れたら、中心を糸でぎっとしばります。

このしばりがゆるゆるだと毛糸が抜けてきてしまうので、ぎゅーーーーーーっとしばって下さいね。(ちょっと大人の力が必要)

 

私はタコ糸を使いました。色が目立たない毛糸でも大丈夫です。

 

中心がしばれたらアームを本体からはずしてみます。

片方ずつそっとはずしてみましょう。

 

4本のアームを本体から外しました。

 

きれいに切れました!

 

本体を中心部の軸から二つに離します。

片側ずつ軸から外してみましょう。

 

 

ポンポンが産まれた!!

ちょっといびつです・・・・

 

 

手のひらでころころして中心のしばった糸が見えなく丸くしてみてくださいね。

ぴょんとでている毛糸をはさみでカットし、まんまるになるように整えましょう。

 

ポンポン完成!!!

 

2.大きなポンポンを作りましょう

 

この工程を繰り返して、ポンポンを合計12個作ります。

 

大きさが2種類あるので6個ずつ作ってくださいね!

 

大きなポンホンに極太の毛糸を使うとふんわり大きなポンポンが作れますよ。

 

 

3.ポンポンを並べてみよう

 

大きなポンポンの間に小さなポンポンを入れるように配置します。

 

色合いと種類が違うものが並ぶようにしてくださいね。

 

4.ポンポンに針金を通していこう

 

 

並べた順にポンポンの中心に向かって針金をさしていきます。

 

針金を引っ張る時に毛糸まで引っ張って抜けてしまわないように、そっと刺して行きましょう。

 

 

今回は針金が弱かったので2周刺しました。

 

 

5.ポンポン同士をボンドで固定しよう

 

隣同士のポンポンをくつけるように間をボンドで止めましょう。

 

速乾性の木工用ボンドを使いました。

 

この時針金からポンポンが抜けないように針金の端をセロテープなどで仮止めしておきます。

針金は余裕を持たせてポンポンが移動できるようにしておきましょう。

 

 

ボンドで接着させたら針金を本留めしましょう。

ペンチでぐるぐるとねじります。

 

針金で手を傷つけないように気をつけましょう。

 

 

 

留めた部分を折り曲げて、飛び出さないようにセロテープで止めておきましょう。

 

 

 

6.ポンポンにクリスマスの飾りをつけてみよう

 

クリスマスの飾りを中心に付けてみます。

飾りは手芸店や100均などのものです。

リボンやお花、ビーズをつけてもかわいいですよ。

針金やボンドで固定しましょう。

 

7.完成!!!

 

 

 

 

 

ふわふわ可愛い!

 

 

クリスマスリースのアレンジ編

 

上部のクリスマスの飾りを外せば冬の間はリースが飾れますよ。

 

2センチのポンポンを6個追加しました。

お家のインテリアに合わせいろいろな色で作ってみて下さいね!!

 

 

今回は、ポンポンリースの作り方でした!

 

またポンポンを使ったクリスマスハンドメイドの作り方を紹介したいと思います。

どうぞお楽しみにしていてくださいね!

 

それではまたね!

この記事を書いている人 - WRITER -

手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。
「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました!
お勧めの文房具、マステ、シール。
手帳の書き方や使い方の紹介。
ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

Copyright© こぐまやのせかい , 2017 All Rights Reserved.