6月スタート!!入園入学グッズのオーダーメイドを始めます。

      2016/10/25

引き寄せに見返りを求めない!無償の愛でいこう!

 
tepuro176-3

image

1.引き寄せの法則を知っていますか?

お願い事を実際に叶ったという気持ちで願えばその事実を引き寄せる。

というものです。

私はHappyさんの「3日後引き寄せ日記」

こちらが好きです。

思うだけで現実を引き寄せられる?

そんなことあるのでしょうか?

2.思うだけとはちょっと違う

 

生まれ持った才能+努力する能力で、「天才」が生まれるものだと思っています。

イチローさんだって、天才だけど努力していなわけじゃない。

天才は人並み外れた努力をしているものです。
やっぱりやることやんなきゃ、能力は開花されないんです。

その結果、周りの人が天才だと認め始める。

イチローさん自身もきっと努力しながら、メジャーリーグのバッターボックスに立つ自分を想像していたかもしれません。

でも、想像だけじゃなく、想像を現実化する人並み外れた努力と熱意がそこにはきっとありました。

 

その人並み外れた努力をするということが人間なかなかいません。

どうしても自分には甘くなってしまいます。
私に至っては、「がんばった!ワタシ!」くらいの努力しか今はしてないかもしれません。

 

 

3.こうなりたい、それが楽しい気持ちが結果を引き寄せる

 

ただひたすら「こうなりたい」という気持ちだけでの努力をする。

その裏には「これだけやったから天才として認められるだろう」なんて見返りはありません。
そこにあるのは「うまくなりたい」という「無償の思い」だけです。

それが引き寄せの結果をもたらしていきます。

 

実際、私の小さな引き寄せ体験として

私、手帳が楽しい!

手帳を書いてるのが幸せ!

ほぼ日手帳公式ガイドブックに載っている方たちのように

もっと手帳を可愛く書きたい!

インスタグラムに手帳写真をpostすることに挑戦したい!

子どもたちの記憶に
「お母さんと一緒に手帳を書いてる時間が楽しかった」という思いが残ってほしい!

子どもと書いているのが楽しい!

 

その思いがほぼ日を引き寄せして、

「ほぼ日手帳公式ガイドフック2016」に掲載されたんだと思います。

3世代で手帳を使っている家族として、父と私とこどもたちで取材を受けました。

 

ちょっと恥ずかしかったけれど、子供たちにも大人になっても忘れない思い出ができたなって思っています。

 

ちなみに…

NHKのど自慢に出た時も同じ感覚がありました。

私、歌が大好き!

歌いたい!

歌っているのが幸せ!

私が歌うことでみんなが幸せに思える!(完全に妄想バカ!)

 

そしてホールで歌う自分を妄想していました。(予選の前から)

 

結果、その時の予選250組の中の20組に選ばれ、NHKのど自慢に出場しました。

残念ながら私の妄想はステージで歌っていることが幸せ!と思う止まりでしたので、鐘は2つでしたが…

 

こんな経験から、

こうしたい、こうなったら楽しい。ウキウキワクワク。

そんな思いが努力に全く苦痛を感じることがなく、ただひたすら楽しい!と言う気持ちで走り続けられる。

そこに引き寄せの力、結果が後からついてくるんじゃないか?と思っています。

 

4.見返りを求めるところに引き寄せはない

 

自分の心で相談したから、何かが変わるだろう。
こんなに頑張ってるんだから、夢が叶うだろう。
こんなに頑張ったのに、どうして叶わないんだろう。

 

と、思いがちですが、

やった行動に対して現実に見返りを求めているようでは、夢は叶いません。

 

自分が自分の心で選択していくうちに、自分の生き方が変わってきます。

自分自身の気持ちが変わらなければ引き寄せられません。
自分が自分自信を大切する。

今ここにある幸せを感じる、それを心から楽しむ、ありがとうと思う、大切に思う。

そこでやっと、まわりが変わってきます。

 

引き寄せは後からやってくるのです。

 

5.手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト お題

 

#手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト
7月8日のお題は

無償の愛でいこう

です。

打算で夢は叶いません。

見返りを求めてるところに結果はでません。

 

自分がどういきていくか、自分の心で選択していってるか?
それを繰り返していくうちに自分が変わってきます。
自分が変わってくるとまわりも変わってきます。
どんな風にまわりが変わっても、あなたが自分軸を持っていれば、ぶれることはありません。
どんな環境になろうと自分は良い気分でいられます。

 

子どもの時、遊ぶの楽しかったでしょ?

褒められたくて遊ぶ子供はいません。
ただ好きだから遊びたいから、遊ぶんです。
褒められたいから認められたいから、好きなことをやる大人ではなく、
ただ好きだから好きなことをやっていく。

 

結果はあとからついてきます。

 

遊ぶことに褒められたいからという見返りを求めない子供のように

やりたいことは無償の思いでやってみませんか?

 

人間関係も恋愛もいっしょ!無償の愛でいこうね!

恋愛ヘタな私が言うのも説得力無いんですけどね。笑

今日もありがとう!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です