手帳&オルゴナイトワークショップ受付開始です
藤沢あゆみ先生と原麻衣子さんの100いいね!の報告会に行ってきました。 | こぐまやのせかい

      2016/11/15

藤沢あゆみ先生と原麻衣子さんの100いいね!の報告会に行ってきました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。 「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました! お勧めの文房具、マステ、シール。 手帳の書き方や使い方の紹介。 ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

こんにちは。
ハンドメイドおさんぽねこやの みおこです。

すっかり秋ですね。
窓を開けたいのですが市議会議員選挙があるので選挙カーがまわっております。
けっこうな音ですよね・・・
わたし、ウグイスとして選挙カーに乗った事があります。
手をふってくれるととてもうれしい。「お手を振ってのご声援ありがとうございます!」
わざわざお家から出てきてくれるともっと嬉しい。「お出まし頂きましてのご声援誠にありがとうございます!」

そのため、選挙カーがくると手を振らなければ!!と思い、わざわざ窓を開けるタイプです。
「候補者ともどもお願いにまいりました」なんて言われた日には、両手をぶんぶんします。

あーーー、いそがしいっ。
そろそろ後半戦「伏して伏してのお願いに参りました」とウグイスさんが言ってくれるはず。
私もお手振りがんばりますからーーー。がんばってーーーー。

今日は金曜日に行ってきました「100いいね!の勉強会」参加までの道のりです。
これが大変な勇気と涙の物語?ではないですが、とにかく感動的でした。

 

100いいね!とは

 

100いいね!とは、2011年に作家の藤沢あゆみ先生が始めた、1年でやりたい事を100個決め、それをかなえて「いいね!」といおう”という活動です。
ブログ上の活動だったのが、2016年よりリアル化されました。
現在は100いいね!ワークショップや100いいね!ノートも生まれています。

今回は女性企業家へのコーチングで大人気、メイクステージの原麻衣子さんと27冊の著書70万部売り上げの恋愛の女神さま、藤沢あゆみ先生のお二人による100いいね!の振り返り会でした。

 

藤沢あゆみ先生との出会い

 

あゆみ先生を知ったのは引き寄せのHappyちゃんのブログから。
あゆみ先生の文章が大好きで一気にファンになりました。
そして4月にあゆみ先生のブログでの「エイプリルフール企画!」に参加しました。
本気で夢を語ってる妄想大爆走の私のブログは以前のはてなブログ「こぐまやのお裁縫箱」。

…今書いてるの見ても痛い…

いいんです。妄想です。エイプリルフールですから!!
そしてなんとあゆみ先生からお返事が!

ちなみに私はまだこの時4月1日の時点で、あゆみ先生に本当にあえるなんて思ってなかったです。

 

原麻衣子さんとの出会い

 

1年前くらいに偶然見たブログ記事。
あとでもう一度読もうと思ったけど、どこのだれだったか分からなくなってしまい、探しても探してもその記事に出会えないでいました。
それが原麻衣子さんの記事。

普通の主婦のわたしでもできるのか?
いやいや、成功してる人が後だしでならなんとでもいえるじゃん!と思いながら読んだ記事でした。

否定しながらも気になって仕方なかった。

そうだよ!普通の主婦だもの。
若くないし、カツカツですとも!事実だもの!!

それでも自分を変えたくて、自分なりにやってみたかったこと、この後、「私も1年後には変わりたい!」と思って「手帳でもっとしあわせな毎日に変えようプロジェクト」を始めました。

 

100いいね!の振り返り会への申し込みだってすごい勇気が必要だった

 

そんなお二人の100いいね!の振り返り会。
今年最後ということだったのですが、そうとう悩みました。

申し込むまでにすごい勇気がいりました。
企業家じゃないし、主婦だし、なんにも自信をもってやってることないから。

そんな私が参加してもいいものか?
100いいね!だって見よう見まねだし。
6月と9月に100こやりたいことを書こうってお題で書いたばかりだし。
叶えた事なんてまだ20個くらいしかないのに!

しかも、以下は主婦的感覚の悩みが次々と頭の中をめぐりました。

そもそも日程はどうかな?

平日金曜日。
なぜかその日に限って、夫が創業記念日で会社が休み。(普段は平日休むことなんてない!)
息子たちのピアノの送り迎えは夫に頼める。
金曜日だから、次の日休日だし学校もなし。

いやいや、参加費出せる?

ピザ屋のバイト代もだいぶたまった!
ミンネの売り上げも入金されたばかり!
終了後のランチもいける!!

ちょっと待て!トウキョーだよ!お洋服はどうする?

2月に作ったワンピ、取材のために用意したけれど結局放送がお流れになったし、一回しか来てないし、季節も良いんじゃない?

お洋服の写真

 

ミンネのハンドメイドマーケット用に作って売れ残ったコサージュもあるじゃん!!

ミンネハンドメイドマーケットに出展の写真

こんなにあるよ・・・どこでも付け放題だよ・・・

しかも先々週、美容院にいったばかり!白髪も染まってなんていいタイミング!!!

オールオッケー!!!

行け!行ってしまえ!!

いや、でも、そんな夢みたいなこと言ってていいの?
今それどころじゃないんじゃない?

という葛藤もありました。

でもそれより。
「いつもまあまあな自分を変えたい」

「夢が叶った時の景色は一体どんなだろう見てみたい!」

という思いを行動に移してみるしかない!と思い、2日前にすべりこみで申し込みしました。
これは手プロのみなさんがそれぞれ頑張って動いている報告を聞いてたから、私もがんばる!という勇気をもらいました。

 

100いいね!当日レポ

 

当日はオリンピックの選手の凱旋パレードの日。
すっかり忘れており、時間を調べずに乗った高速バスは交通渋滞にはまりましたが、なんとか交通規制に引っ掛からずに迂回せずに到着!
迷子になりながら渋谷へ。

緊張する私をとびっきりの笑顔で迎えてくれたのは原麻衣子さんでした。
なんで?なんでこんなにキラキラしてるの?と不思議に思うワタシ。
そしてあゆみ先生。
もちろん、キラキラを背に登場です。

カメラマンのどらちゃんが写してくれたお写真、参加された7名。

img_8809

 

そして自己紹介から始まった100いいね!報告会。
100いいね!の仲間はみなさん顔見知りのようでしたが、初参加の2人をこころよく仲間にいれてくれました。

100いいね!の報告。どんなふうにかなえていくのがいいのか?書き方のレクチャー。
ポイントあれこれ。

実際にみなさんが使っている100いいね!ノートを見せてもらいました。
この時期からがいいね!のラストスパート。叶えられるチャンスだそうです。

100いいねマスターの青山華子さんからは、「いつでもいいね!ノートをみれるところに置いて置く」というアドバイス。
これで毎日目にする事で叶えたい事を意識できるから行動できるそうです。

そして今日のいいね!を発表。

途中、麻衣子さんのお誕生日が近かったという事でサプライズ!
あゆみ先生からバラの花束が贈られました。

麻衣子さんには、100イイネ!の仲間からのひとことメッセージ。
あゆみ先生からの出版100いいね!のプレゼントが!!

38本の真紅の薔薇・・・

麻衣子さんは32歳。
歳の数というわけではなく。
現在62個のいいね!を叶えたので、残りの38個のいいね!分の38本の薔薇のプレゼント。

偶然にも麻衣子さんは同じ色のカーディガンとバック。
あゆみ先生も赤いお洋服、ネイルも赤!

サプライズには麻衣子さんもびっくりで目をぱちぱちさせていました。

麻衣子さんとあゆみ先生

 

私のあゆみ先生の大好きなところはこういう、人にあたたかい心。
相手の喜ぶ顔を想像して自分もワクワクしながら思いっきり全力でプレゼントできちゃうところ。
人に優しく出来る人は自分が満ちている人だと思うのです。
そしてそれをひけらかさない。ただその人が喜んでいる顔が見たいという、見返りを求めない気持ち。
まさに女神です!!

ああ、あんな素敵な事を何気に出来る女性になりたい!

 

100いいね!の仲間のキラキラ度は半端ない!

 

img_8808

今回100いいね!に参加させてもらって一番驚いたこと。

「みんながキラキラしてる!」

 

あゆみ先生も麻衣子さんもキラキラしてるけど、皆さんもキラキラしている!
上からキラキラがふっている感じがしました。

キラキラの理由。

皆さん、自分に自信を持っているのです。
それが全く嫌味じゃない。自信過剰でもない。

「自分が満ち足りている」

という状態です。

私は今回、手プロの手帳を持っていったのですが、それをみなさんが「すごい」「書き方教えて」「こんな風にしたらいいよね」「あんなこともできるよね」とその手帳を本気で誉めてくれました。
そこに嫌みやねたみや、損得勘定なんてひとつも感じなかったのです。
ただ、本気で「すごいよ!」「こうしたらいいよ」と言ってくれた。

みんなそれぞれが自分に自信を持っている、自分のやっていることに満ち足りている。
だから、他人を本気で誉められる。他人のこれからを本気で応援できる。

そしてキラキラした女子たちは

夢は当然叶うものだと思っている!!

いない・・・わたしのまわりに「夢は叶って当然」くらいに語れる人はいません。
キラキラしている彼女たちは確実に夢を叶えている経験を何度もしているから、夢を見る事、語る事、叶える事が当たり前の事になっているようでした。

普段、友達にもあまり見せる事がない手帳です。
わたしにとっては普通の事で、「見てみて!わたし、こんなことできるの!!」なんて自信をもっているアイテムではありませんでした。

手帳よりお料理上手な方がすごい。
優しいおかあさんの方がすごい。
私より上には上がいる。
だって、私は普通の主婦でしかないもの。

そう思って生きていました。

でも・・・
そうなの?すごいと言われるレベルなの?
そんなに言ってもらっちゃうと勘違いしちゃうよ?うれしくなっちゃうよ?いいの?わたしそんな?ねえ、そんななの?
と思うくらい・・・とてもいい気分にさせてもらってきました。

帰り道…
迷子になってバスに乗り遅れたけど。
いつものお母さんに戻りながら考えていました。

「わたし、ふつうの主婦でおかんだけど・・・あのキラキラ女子の世界に私も入れる?いや、入りたい!」

今がスタート。
今からでもやれるかな?と久しぶりのドキドキを抱えて帰宅しました。

藤沢あゆみ先生が・・・
「いろいろな展開が考えられそう」といってくれたこと。

原麻衣子さんが・・・
「こっち側においで」といってくれたこと。

私、絶対に無駄にしたくない!

あゆみ先生に「いいねくん書いて」と言われたので、次の日にいいね!くんを登場させました。

img_8807

そして、藤沢あゆみ先生のオフィシャルブログで紹介してもらえました!!!
感動です!!

100いいね!の皆様、素敵なお時間をありがとうございました!
とてもうれしかったです!!!

手プロのみなさんにも感じてほしいキラキラ。シェアできたらいいな。と思っています。
それではまた、その後の私について書いて行こうと思っています。

ではまたね。

この記事を書いている人 - WRITER -
手帳を使って毎日をもっと楽しく幸せに過ごすことを目標にしています。 「手帳でもっと幸せな毎日に変えようプロジェクト」を始めました! お勧めの文房具、マステ、シール。 手帳の書き方や使い方の紹介。 ほぼ日手帳公式ガイドブック2016に掲載されています。

Copyright© こぐまやのせかい , 2016 All Rights Reserved.